GEMBA Program

GEMBA限定体験!POP九谷の代名詞に教わる、裏庭スケッチと上絵付け
GEMBA-only experience! Back-garden sketching and painting under the represent of POP Kutani.
宇喜多窯 / 九谷焼

Details

大自然の中でする絵付け体験。宇喜多窯で「洒落」た九谷焼をつくろう

徳田八十吉陶房での修行の後に東京のデザインスクールに通ったという経歴を持つ宇喜多窯の浮田健剛氏。 彼が小松空港周辺から居を移してまで手に入れた作陶環境は、実際に足を運んでみると遊び心あるインスピレーションの源であることがよくわかります。工房周辺の自然豊かでのどかな環境、作業机の窓から目に飛び込む緑の眺望、そしてギャラリー内で時折行われる仲間とのセッション。それらからインスパイアされて生まれる浮田氏の作品のポップな作風には、「九谷焼」という言葉から連想されるクラシックなモチーフとは一味違うどこか親しみや温かさを感じます。GEMBAプログラムでは浮田氏の指導の元で絵付けの下絵を裏庭でスケッチするところから上絵付けを体験できます。緑に囲まれた中でのスケッチから始まる上絵付けは他にはない貴重な体験です。

参加費(税込)
6000 円
定員
各回 10名
最少催行⼈数
3 名
開始時間
2021/11/12 09:00〜2021/11/12 14:00〜2021/11/13 09:00〜2021/11/13 14:00〜2021/11/14 09:00〜2021/11/14 14:00〜
所要時間
約2時間 20分
注意事項
・土を使った製品を製造しておりますので、汚れてもよい服装でご参加ください。
・古九谷を写した角皿に絵付けをします。
素地は台鉢又は丸皿に変更できます(追加代金1,000円)
予約について
開催日 3 日前まで予約可
前日キャンセル 50 %
当日キャンセル 50 %
無断キャンセル 100 %
を申し受けます。
インクルージョン
(費⽤の中に含まれるもの)
見学料・解説料・体験料・材料費(送料別)

自然の中でのスケッチから始まる上絵付けを体験

工房の裏手にひろがる大きなお庭で、川に続く階段やたくさんの草木を見ながらスケッチをするところからスタートする絵付け体験。すでにある型紙ではなく自分オリジナルのモチーフを浮田氏の指導の元で描いていきます。スケッチから直接指導を受けることができる体験は他にない希少なものになるはず。

「洒落」た作品作りに現れる、古九谷の筆使いを学ぶ

浮田氏は自らの作品に加え「古九谷」の模写も得意としています。かつて修行をしていた徳田八十吉陶房では、早くからその模写の技術を認められ 3 年ほどで師匠から「お墨付き」をもらったのだとか。彼のポップな作風の中にも古九谷の筆使いが受け継がれており、その面白みを直接伺うことが出来ます。

音楽が紡ぎだす、九谷焼デザインを観賞

浮田氏は東京でデザインを学んでいた頃から音楽活動を行っており、その音楽への愛は楽器やジャズセッションをモチーフにした作品の端々に表れています。カフェ兼ギャラリーでは、浮田氏らしいリズミカルな作品も観賞することができます。

 

What kind of
company is it?

Company Profile

宇喜多窯

喧騒から離れ、古九谷と音楽が混ざり合う九谷焼工房

昭和 23 年、石川県小松市浮柳町に生まれる。
20 歳前後、 2 代目徳田八十吉門下になり、およそ 3 年間修行を積んだ後、学校法人東京学園・東京デザイナー学院へ入学。通学の傍ら、出会った友人とともに音楽活動を行いました。
その後、小松市浮柳町に戻り絵付け職人としての活動を始め、当初は問屋からの注文を中心に絵付けを行ってきましたが、次第に作家としての創作活動も行い日本美術展覧会を始め数々の展覧会に出品。
平成 7 年、小松市浮柳町から長谷町へ移転・宇喜多窯を開きました。展覧会などに出す作品は自らの手で素地から制作し、ジャズや楽器をモチーフにした作品を多数制作しています。
九谷の基本的な絵付け技術は大前提としながらも楽器や音楽からインスパイアされた浮田氏の作品は、展覧会でも評価を受けるようになりました。
「どう洒落て見えるか」を自身のモットーとしており、時代感覚に相応する独自のデザインを生み出し続けています。

住所
〒923-0181 小松市長谷町オ8
電話番号
0761-46-1268
営業時間
09:00〜17:00
定休⽇
無し
駐⾞場
あり(普通車 5 台分)
英語対応
対応不可
⾞イス対応
対応不可

Contactお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

CLOSE