GEMBA Program

一華氏が直接指導!和絵具を使った伝説の浅蔵カラーで描く陶板体験
Direct instruction by Master Kazuka! Ceramic plate workshop using traditional Japanese paint and the legendary colors of Asakura.
五十吉深香陶窯 / 九谷焼

Details

「上絵付けの九谷」を和絵具で楽しもう!

置物制作の窯が集中する八幡に位置する五十吉深香陶窯。初代は素地専門の窯元だったというルーツを持ち、現在も素地制作から絵付けまでを行っています。GEMBAプログラムでは、この日のためにご用意いただく立体的な陶板に、和絵具で絵付けをしオリジナルの陶板をつくるワークショップを開催します。当日は 3 代浅蔵五十吉氏の娘さんである浅蔵一華氏が直接絵付けを教えます。体験の後には作品の購入もできるショップにてティータイムも。敷地内には見学可能なギャラリーも併設する五十吉深香陶窯で他とはまた違った絵付け体験をお楽しみください。

参加費(税込)
10000 円
定員
各回 5名
最少催行⼈数
2 名
開始時間
2021/11/12 09:00〜2021/11/12 14:00〜2021/11/13 09:00〜2021/11/13 14:00〜2021/11/14 09:00〜2021/11/14 14:00〜
所要時間
約2時間 30分
注意事項
・土を使った製品を製造しておりますので、衣服などに付着する場合がございます。汚れてもよい服装でご参加ください。
・未就学児童の方の参加はできません。
予約について
開催日 7 日前まで予約可
前日キャンセル 50 %
当日キャンセル 50 %
無断キャンセル 100 %
を申し受けます。
インクルージョン
(費⽤の中に含まれるもの)
見学料、解説料、ワークショップ代、材料費(送料別)、お茶・お菓子代

立体感のある作品に和絵具が魅せる絵付け体験ができる

五十吉深香陶窯では、絵付けに和絵具を用いて絵付けを行います。立体を塗るときに垂れてきたり、ムラができたり、あえてその難しさが作品の面白みに変化していくのです。繊細な絵付けを何度も行うことで生まれる深い色合いは「浅蔵カラー」と呼ばれ、継承されています。絵付け体験では実際に和絵具を使って、五十吉深香陶窯の制作の一端に触れることができます。

作家 浅蔵一族の感度に触れながらマイ陶板を完成させる

この日のために浅蔵宏昭氏にご用意いただくオリジナルの陶板に、絵付けは 3 代五十吉氏の娘さんである一華氏が直接教えてくれます。「九谷は絵付けだ」と仰る一華氏の可愛らしくも繊細で美しい感度に触れながらマイ陶板を完成させましょう。“Wellcome”と描けば玄関や部屋のドアにかけられるウェルカムボードに、自分の姓を書けば表札に、絵を描いて額装したり、様々な使い方ができます。

歴代五十吉の作品を楽しむギャラリー

工房に併設されたギャラリーは、能美市にある「浅蔵五十吉美術館」の建築様式を模した建物となっており、 2 代五十吉氏と 3 代五十吉氏の作品が並びます。置物の素地屋をルーツに持つからこその、ダイナミックで厚みのある作品を解説をしていただくことで、その作品ひとつひとつのストーリーを知ることができます。

 

 

 

 

What kind of
company is it?

Company Profile

浅蔵五十吉 五十吉深香陶窯

素地から上絵付けまで、一貫して行う窯元

生地製作から絵付けまでを行う窯元。置物製作の窯が集中する八幡に位置する工房で、置物や厚みのある器などを中心に様々な作品を創作しています。代々「五十吉」の名を受け継いでおり、現在は 3 代目の興成が五十吉として、浅蔵独自の深みある黄色を特徴とした「浅蔵カラー」を受け継ぎながら、自らの創作活動を行っています。
3 代目五十吉の長女である一華(かずか)と夫の宏昭(ひろあき)も作家活動を行っており、予約制で絵付けや成形体験も可能。
ギャラリー&カフェ「五十吉」を併設しており、展示されている作品を購入できる他、工房で制作された器でコーヒーやケーキなども楽しめます。

住所
〒923-0833 小松市八幡己50-1
電話番号
0761-47-0051
営業時間
10:00〜16:00
定休⽇
無し
駐⾞場
あり(普通車 6 台分)
英語対応
対応不可
⾞イス対応
対応不可

Contactお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

CLOSE